アベニーパファーの繁殖

執筆 Nov.2010

■ 出会い
インドエメラルドパファーの次に飼育を始めたのがこの小さくて愛らしいアベニーパファー。 実際は嫁のまゆうきが私に感化されて彼女が飼育を始めたんです。(笑) 人が近づくと『おっ、エサくれるのかい!?  ねぇ、早くちょうだい!!』 と話ているような様子で集まってくる人懐こい子達、本当に癒されます。
若い♀
■ 個体選び
そこそこの規模の熱帯魚ショップであれば定番としてアベニーパファーを扱っているほどポピュラーな淡水フグです。しかし、ショップや仕入れのロットによって大きく特徴が異なるアベニー達、自分のお気に入りを探してみたらいかがでしょう。 ”状態が良いものを選ぶ” というのが鉄則ですが、自分の好みの色や形だけ集めで繁殖を狙うというのも面白いかと思います。購入の際には、ショップでどのような餌を与えていたか聞いておきましょう。導入の際、餌の違いによる失敗を防ぎます。
■ 飼育
さて、お気に入りのアベニー達を家に迎えたらまず自宅の水に合わせる作業をします。水温も当然なのですが水質も慎重合わせてやった方が良いようです。ところ変われば水変わる。人間でさえその味の違いが分かる訳ですから、小さなカラダには尚更でしょう。下手な水合わせをした覚えは無いのですが、実際何匹か落としてしまった経験があります。水合わせが終わったら、一週間ほどトリートメントタンクで様子をみてみましょう。 この時も薬を使いませんでした。他の淡水フグで0.5%の塩水を使ったこともありますが特に異常がなければ通常飼育と同じ淡水で十分だと思っています。 60cm水槽に18匹程を入れました。環境はインドエメラルドパファーと同じように水草水槽ですが、後にウィローモス流木などを入れてやりました。このような障害物を入れることにより争いによるストレスを防ぐのと同時に産卵場所も提供してやれたのです。餌は冷凍赤虫を。40cmのベアタンクではイトメをあたえています。うちの子達は人口餌は興味を示すものの食べることはしません。
♂ ♀
■ タンクメイト
アベニーより大きかったり、素早く泳いで餌を盗ってしまう種類はあまり好ましくないかも知れません。候補としては、苔を食べてくれるヤマトヌマエビ、オトシンや貝類がお勧めです。うちでは繁殖で増えたコリドラスパンダが10匹ぐらい混泳していますが、かなりの数のアベニー卵が食べられてしまっているかと思います。(汗)
■ 繁殖
ペアリングをはじめてしばらくすると♂が♀を追いかけるというような光景を見かけるようになりました。この時♂の顎から尾にかけての腹部に黒いラインが現れ、また♀のお腹はポッコリとした形になります。♂の黒いラインは繁殖期に入ると現れます。うちの子達は成熟すると常に出ているような気がしますが。
当初、アベニーがどのような環境を好むか知らなかったので繁殖出来ずにいました。その後、他の方のブログで卵を回収しないと難しいと知った嫁のまゆうきは100円均一で小さなお盆とビー玉を用意してこれを水槽に入れました。さらにビー玉の上にウィローモスを敷き詰めると、ペアがウィローモスの上で産卵を始めました。産卵と放精は数秒の出来事で一度に数個の卵しか産みません。一週間後の水替えの時にゆっくりお盆ごと取り出してみるとビー玉を取り除いたお盆の上にはいくつか卵がありました。初めのうちはこのようにして繁殖を楽しんでいました。最近では水替えの際、捨てる前の水を調べて卵を拾っています。
右下の写真、実はこの子は片目なんです。小さい時に齧られてしまいました。でも今では大きく育って卵をいっぱい産んでいます。お腹に見えるモノ判りますか? 卵なんです。
お腹の大きい♀ ♀とお腹から出た卵
■ 孵化
26℃管理で約5日間程で孵化するようです。産卵直後は透明だった卵も日を追うごとに赤茶色に色付き眼も判るようになります。水槽から取り出した卵は温度を合わせた新しい水を入れその中で管理します。この時、ペットボトルカットしたものを使うと写真を撮りやすいかも知れませんよ。またケースごと本水槽内に浮かべると温度管理や観察がしやすいでしょう。
卵
孵化直後
孵化3日後
水槽で見つけた卵 孵化直後 孵化3日後
■ 稚魚飼育
孵化直後は1mm強ぐらいのサイズでケース底にいることが多いです。頭が大きくヨークサックはあまり目立ちません。ブラインシュリンプを食べ始めるのは5日目ぐらいからです。 孵化2日目からそれまでの間、うちではPSBを少量与えています。赤虫が食べられるまでの約2ヶ月間ブラインシュリンプだけを与えています。余談ですが、PSBについては賛否あるようですね。ですが、うちの稚魚飼育では欠かせないものになっています。
本水槽に浮かべた稚魚ケース
■ 拒食
今まで飼育した淡水フグの中では、唯一拒食に陥った経験の無い種類です。 ただし、幾つかの注意すべきことがありました。 一つは稚魚飼育でブラインシュリンプから冷凍赤虫に切り替えるタイミング。 栄養化が高いからといつまでもブラインをあたえ続けていると冷凍シュリンプに切り替えようとしても全く見向きもしません。 こうなってしまうとブラインシュリンプだけでは大きく育てるのが困難になります。早めに冷凍赤虫を与えた方が良いと思います。もし食べないようなら水が痛まないよう早めに食べ残しを捨てるようにします。 数時間置かれた赤虫はそのままにしていても食べられることはありません。 冷凍赤虫への切り替えを失敗した場合は、イトメ(糸ミミズ)を入れて成長を促すほかありませんでした。 スネール(モノアラガイ)などの貝類にも興味を示しますがイトメの方が嗜好性も高く、安定した供給が期待できるのでスネールは導入していません。
もう一つは成熟した個体が自然と痩せてそのまま逝ってしまうことがある、小食。何度も産卵を経験している♂♀共に非常になりやすい症状です。 今まで色々なことを試みましたが一時的に回復できてもまた直ぐにやせてしまうということばかりで最終的には死亡しています。 上手く解決できていません。 継続した産卵活動のあと、やがて体力の問題か水面付近にいることが多くなり、初めに水に沈む冷凍赤虫が食べられなくなります。 水面に浮ぶように冷凍赤虫を与えても既に上手に泳げないためなかなか口の中に入らず、結果として食べる量が少なくなります。そして痩せていきます。 赤虫の変わりにブラインシュリンプを高頻度で与えても改善は難しいようでした。 繁殖させた場合の宿命かも知れません。 実はインドエメラルドパファー♂も同じ小食による体力不足で死んでしまいました。激ヤセ以外、アベニー達はこれといった病気にかかったことはありません。 一度軽度の白点になりましたが、その時は水温を30度に上げ、症状の出ている子だけ水槽内に浮かべたプラケースにいれ0.5-0.8%塩水でエアレーションをして完治させました。 症状の進んだ白点では薬を使う場合もあると思います。 薬の選択と投与量には十分注意した方がよいと思います。 薬に ついてはインドエメラルドパファー繁殖レポートで簡単に触れていますのでご覧ください。
色抜けした♀ ♀のあごの瘤 痩せた♂
■ 飼育環境
- 水槽:60x30x36cm
- フィルタ:外部式 エーハイムフィルター2217-NEW50Hz
- 照明:メタルハライドランプ150W 8h照明
- 水草:ハイグロフィラ・サリジフォリア、アマゾンソード、サウルルス他
- 底砂:マスターソイル HG パウダー
- CO2添加 照明時
- エアレーション 消灯時
■ 混泳(匹)
- インドエメラルドパファー (4)
- コリドラスパンダ (4)
- ピグミーグラミー (10)
- グリーンオトシン (1)
- ヤマトヌマエビ (4)
- カバクチカノコ (1)
■ 餌
- キョーリン社 冷凍クリーン赤虫